gocinema.jp

車買取査定

  •  
  •  
  •  
 

車買取査定 > 車買取査定

車売る際に損傷がある場合の修理対応

車売るときに誰が見ても減額の対象となるような、大きな損傷があった場合修理をしてから査定に出した方が良いのかなと思うものですよね。しかし、これは結論からいえばどのような損傷だとしても修理をせずに査定をしたほうが、金額的には有利になります。

まず、綺麗に直してから車売ることにしたほうが当然査定額がアップしやすくなるのですが、問題は直すのにかかった費用以上の査定額がアップするのかという部分であり、実際には直すのにかかった以上の査定額がアップするということはほぼありえません。
なぜかというと、相手は買取をした車を再び整備して販売をすることで利益を上げているわけですから、傷や凹みなどの損傷がある部分を安く直すことができる工場というのはいくらでも抱えているわけですから、そのような相手に対してよりやすく直すことは実際にはほぼ不可能ということになってしまうのです。

そのため、せっかく直して買取をしてもらおうとしても、かかった費用の分だけ損をしてしまうことになるため、あまり余計なことはせずにそのまま買取をしてもらった方が結果的には得することになるのです。
しかし、これはすぐに売るときの話であり売るかどうか判断がつきかねているという場合には、直してしまった方が良いということもあります、
特に地金が出ているような傷を受けていた場合、そのまま放置しておくとボディが腐食してしまいボロボロになってしまうということがあります。
傷であれば直すこともできますが、ボディがボロボロになってしまった場合プロでも簡単に直すことができるものではなくなってしまうため、ただ損傷を受けているというだけでなく大幅な減額の要素となってしまうことがあるため、すぐに売らずにしばらく乗り続けることになった時には車の価値を下げないためにも直して乗るという方法をとるのも悪いものではありません。

このように直した方が良いのかどうかというのは、売却の時期などにも変わってくるものなのですが基本的にはそのままにしておき、査定をしてもらい買取をしてもらうのが一番金額的に有利になり、すぐに売るわけではないのであればその間に車が傷んでしまって価値が下がるかのせいを防ぐ為に、金額次第では綺麗に直しておくというのもひとつの手段であるため、売却を考えた際に後どれだけ乗り続けるか、あるいはいくらぐらい価値が下がるのを許容できるかなどを考慮に入れて、修理をするかどうか決めると良いでしょう。

 

Copyright 車買取査定 All Rights Reserved.